君を喰む

 

「いたっ」

 その声ではっと我に返る。慌てて彼の顔を覗き込むと色素の薄いグレーの瞳と目が合った。

「ごっ、ごめん、まことくん! 大丈夫かい?」

 慌ててそう問いかけると彼は困ったように笑いながらふるふると首を振る。それから握ったら折れてしまいそうなくらい細い指で私の頬のあたりを撫でた。

「大丈夫ですよ、伊墨さん。そんな顔しないで」

 自分のほうが一回りも年上のはずなのに、彼の近くにいるだけで喉が渇いて吹けば飛ぶような理性を保つことに四苦八苦していることが恥ずかしくなる。情けない話だけれど発情期ヒート中だというのも相まって今日は彼に優しくする余裕がない。

「……伊墨さん」
「すまない、まことくん。今日はもう寝よう」

 体を起こしながらそう言うと彼は残念そうに、だけど優しく微笑んだ。
 ぐちゃぐちゃの感情を抱えながら彼に背を向けてベッドに座り込んでいると背中に自分より少し低い体温がぴったりとくっつく。
 何も纏っていない彼の小さな体から、とくとくと心臓の音が聞こえた。

「伊墨さん、気にしないでください」

 彼もとい職場の後輩だった一ノ瀬まことくんと付き合うようになってからもう数年。
 勿論この数年の間にそういう行為は数え切れないくらいしてきたわけだけれど、最近、彼を目の前にするとこれまで感じたことのない感情が湧き上がってくるようになり、こうして行為を中断することも増えた。
 その度に彼は気にしないでと言ってくれるが、こればかりは「わかった、じゃあ気にしない」と楽観的に言えるようなものじゃない。
 下手をすれば、彼を失ってしまうかもしれないのだから。

「でも……っ、だって、おかしいだろ。行為中に、その、君を食べたくなってしまうなんて」

 食べたくなってしまうというのは決して比喩表現ではない。
 本当に、彼のシルクのような白い肌に鋭い牙を突き立てて、あわよくば噛み千切ってしまいたい、彼の血を飲み干したい、そう思ってしまうのだ。食欲とも性欲ともわからない、抗いがたい本能のような邪な感情が頭を擡げてたまらなくなって、抑えが効かなくなる。
 獣人という種族が血の滴る赤身肉を好むのは本能として仕方のないことだ。だからといって、仕方の無いことだと目を瞑ってしまうにはこの欲求は危険過ぎる。

「ごめん。少し頭を冷やしてくるよ。先に寝ていて」

 結局最後まで彼の顔をまともに見られないまま部屋を出てリビングに置きっぱなしだった煙草とライターを引っ掴みベランダに出た。
ひんやりとした風に身を震わせながらライターの横車を必死に回したけれど、風が強いせいか火が点かない。
 数度挑戦した後、諦めて煙草を箱に戻した。

「はあ……」

 自分の体たらくに思わず溜息が漏れる。
 本当に情けない。いい年して自分を抑え込む術もわからないとは。
 ふいと見上げた空はどんよりと曇っていて、星どころか月も見えない。まるで本能に振り回される自分そのものを見ているようで苛立ちを隠さないまま家に戻った。

 ◆ ◇ ◆ ◇

 じっとりと指先に絡みつくぬるい温度。
 部屋中に飛び散った紅色は、まるでこちらを嘲笑うかのように清らかな朝陽を浴びてぬらぬらと艶めいている。

「あ――」

 少しずつ広がっていく血溜まりの中央には愛おしい彼の身体が力なく投げ出されていた。
 原型を留めているのは上半身だけで、それ以外はまるでハイエナにでも食い散らかされたかのようにぐちゃぐちゃだ。
 四肢のうち唯一残っている左手は力なくこちらに投げ出されている。

「あ、ああ……あああ……っ!」

 昨夜は寝ている間に自分が血迷ってしまわないようにとリビングのソファで眠りについたはずだった。
 それなのにどうして自分は今、寝室にいるんだ。
 何故こんなにも満たされたような気がしているんだ。
 朝食もまだのはずなのにどうしてこんなにも満腹なんだ。
 膝から力が抜けていく。ぱしゃり、と足元に広がってきた紅色が跳ねた。
 震える手で愛する人の身体を掻くように抱きしめて、すっかり冷たくなったその頬に鼻先を寄せる。
 ああ、やってしまったのか。私は。
 体の震えが止まらない。喉が唸って、毛が逆立つ。
 こんなに悲しくて苦しいのに、口角が勝手に上がっていく。
 涙を流す様子もない自分にひたすら絶望しながら、自分の内側から漂ってくる彼の匂いに呼吸を忘れていた。

 ◆ ◇ ◆ ◇

「――さん? ――み、さん」

 脳みそが揺れる。
 肩に触れている体温と甘い匂いにゆっくりと意識が覚醒していった。

「もうっ! 部長!」
「うわぁっ?!」

 なんだなんだ。もしかして何か仕事のミスの報告か?
 ……って、あれ?

「やっと起きた」

 不満げな声の方へと視線を向けると柔らかそうな頬をぷっくりと膨らませた彼がこちらを覗き込んでいた。今のこの光景が夢なのか、先程見た惨劇が夢だったのかわからずにいると彼は私の目の前でひらひらと手を振る。

「あれ? 伊墨さん? もしかして目開けたまま寝てます?」
「まこと、くん」
「あ、起きてた。伊墨さんが大好きなまことくんですよー。寂しいので早く起きて、まことくんに構ってください」

 今までならばこんなに可愛いことを言われようものなら彼のを腕の中に抱き込めてしまっていただろうけど、あの赤黒い映像が瞼の裏にこびりついていて彼の触れることを躊躇ためらってしまった。
 私の様子を見て彼は不思議そうに目を細める。

「伊墨さ――」
「待っ、触っちゃダメだ!」

 突然の大声に驚いたのだろう、ゆっくりと差し出された彼の手は空中でぴたりと止まって大きな瞳をまん丸くしていた。

「あ、えっと、ごめ、」
「伊墨さん」

 また情けなく謝ろうとした私の声を遮った彼はソファに寝転んだままだった私の上に乱暴に跨がり、反論の余地も与えず私のマズルを片手で握る。

「この間から謝ってばっかり。僕は謝罪より愛の言葉が聞きたいです」
「まことく、むぐ」
「こーら。お話ちゃんと聞いてください」

 なんだこれ。何が起こってるんだこれ。

「伊墨さん。僕って、貴方が思ってるほど弱くないし脆くないんですよ。伊墨さんはいつも僕にまるでシャボン玉でも触るようにしますけど、もっと乱暴にされても僕は壊れたりしません」

 そう云うが早いか彼は空いていた片手で無理やり私の手首を掴み、やや乱暴に自分の胸部に宛てがった。
 爪が食い込んで、彼の身体が自分の手のひらの形に歪んでいくのを見ていると背筋を冷や汗が伝って得体の知れない恐怖が腹の底からじわじわとせり上がってきた。
 抵抗しようにもマズルにはまだ彼の細い指が巻き付いていて思うように声が出せない。

「だから好きなようにして良いんですよ?」

 鼻腔いっぱいに彼の匂いが飛び込んできて、唇に柔らかい感触がする。

「ねえ伊墨さん。指、噛んでみてください」
「?!」
「あ、食いちぎっちゃ駄目ですよ。跡つけるくらいならいいです」

 ひょい、と目の前に人差し指を差し出す彼。

「何言ってるんだ! そんなことできるわけ……」
「ほら。はい、どうぞ」
「どうぞって……君は本当に! 自分をもっと大事にしてくれ。君の目の前にいるのは獣人なんだ。頭から食われても文句を言えないような相手なんだぞ」

 実際、人間が獣人に食われる事件というのは決して少なくない。
 だからこそ自分たち獣人は人間と触れ合うときは最新の注意を払う必要がある。これは獣人として生まれた以上、守らなければいけない最低限のマナーだ。

「大丈夫ですよ。ほら」
「また君は無責任な……君の喉に私が食いつかないとも限らないんだぞ」
「大丈夫です。伊墨さんなら」
「だからっ、どうしてそう言い切れるんだ!」

 つい声を荒らげてしまったのに、彼は優しい笑みを崩すことなくまっすぐとこちらを見つめ返して、そして。

「信じていますから。伊墨さんの、全てを」

 屈託もなく、屈折もなく、一点の曇りもなく、そう言い放った彼の指が牙の隙間に滑り込んでくる。
 何度も確かめるように犬歯から後臼歯こうきゅうしまでをなぞられて、むず痒い。

「僕を、裏切らないですよね?」

 なんて殺し文句だ。
 だけど、ここ暫くずっと心臓の奥に纏わりついていた得体の知れない恐怖と空腹感、彼を食べてしまうんじゃないかという不安が少しも残らず吹き飛んでしまった。
 可愛い小動物のように見えていた彼が、今は私の手綱を握っていて︙︙自分より二周り以上も大きな獣人を相手にマウンティングを取って蠱惑的に微笑む彼にぞくぞくとしてしまう自分がいることに驚く。
 悪い気はしない……なんて、あまりに情けないだろうか?

「はあ。君は本当に色んな顔をするな。見ていて飽きないよ」
「僕もこんなに情けない部長を見るのは初めてです」
「意地悪だな、君は」

 くすくすと悪戯っぽく笑う彼を見ながら小さく息を吐く。
 多分もう、私は大丈夫だ。
 恐る恐る彼の頬に触れてみると、彼は嬉しそうに頬を手のひらに押し付けてきた。先程とは打って変わって子猫のような愛らしい仕草に理性がぷつりと音を立てて切れる。

「まことくん」
「? なんですか?」
「痛かったら言ってくれ。今日は、優しく出来ないかもしれない」
「ふふ。望むところです」

 ああもう。
 本当、敵わないな。

 

Novelへ戻る